【機械学習】Kerasのニュートラルネットワークライブラリについて

コラム

COLUMN

keras

【機械学習】Kerasのニュートラルネットワークライブラリについて

HTML/CSS 基礎

今回は機械学習のフレームワークであるkerasを使ったニューラルネットワークの実装をご紹介したいと思います。

kerasとは

kerasとはPythonで書かれたTensorFlowなどの上部で動作することができるニューラルネットワークライブラリの1つです。

ディープラーニングのベースとなっている数学的理論の部分をゼロから開発せずとも、比較的短いソースコードで実装することが可能となります。

今回はscikit-learnのアヤメのサンプルデータを使用します。

アイリスデータは説明がdataに目的変数となるデータがtargetに含まれているため、まずはxとyにそれぞれデータを分けて格納します。

xyに分割した後にはそれぞれのデータの前処理を行います。

xに関してはデータのスケールが異なるため正規化を行います。 またyに関してはOne-hot ベクトルの処理でそれぞれ前処理を行いましょう。

次に学習用のデータとテスト用のデータに分割します。

学習データとテストデータに分けた後はモデルの作成を行います。

kerasで作成するモデルはadd関数を用いてモデル自体の設定を行うことが可能になります。

今回は以下のように設定を行いましょう。

上記でモデルのフィットを行ったため、実際にモデルの出力結果が出力されています。

それでは、上記で出力された結果を評価してみましょう。

出力結果

出力結果としては89%一致という評価になりますので、モデルとしてはまずまずといったところでしょうか。

kerasは機械学習フレームワークの中でも最も敷居が低いものになります。

tensorflowやpytorchを触る前に、まずはkerasから取り組むことをおすすめします。

本日無料のプログラミング体験 or相談会の実施が可能です。(60分程度)

女性