【HTML / CSS基礎】ブロックレベル要素とインライン要素について

コラム

COLUMN

ブロックレベル要素とインライン

【HTML / CSS基礎】ブロックレベル要素とインライン要素について

HTML/CSS 基礎

コンテンツの横幅、高さを調整したいのに、どうしてもうまくいかない。

CSSがうまくいかないから、とりあえず他のプロパティで無理やり実装した。

このような経験はありませんか?

その問題、2つの要素の違いについて理解すれば解決することができます!

HTML要素の性質

 

HTML要素の基本性質は以下2つです。

・ブロックレベル
・インライン

まずは2つの違いを理解しましょう。

※今回は「性質」として紹介していますが、「ブロックレベル要素」のように「要素」と表現されることもあります。大きな違いはないので、同じものとしていただいて構いません。

ブロックレベル要素

 

 

ブロックレベル要素

要素は横いっぱいに広がり、次の要素は改行されます。

CSSで横幅、高さの指定が可能です。

代表的なタグ

・article
・div
・p
・h1〜h6

これらのタグは、大きなまとまりやブロックを形成する際に使います。

インライン要素

 

インライン要素

要素は必要な幅しか広がりません。

次の要素は改行されず、横に配置されていきます。

CSSで横幅、高さの指定はできません。また、縦方向の余白が効きません。

代表的なタグ

・a
・span
・small
・strong

基本的に文章中の一部分を装飾する際に使います。

※ よく使うimgタグはインラインの性質をもちますが「置換要素」と呼ばれる例外的な要素であるため、widthやheight、余白などが設定できます。

ブロックレベルとインラインの違いを理解することは、コーディング上達において必須です。

実際にHTMLを書いたりCSSを当ててみるとより理解が深まるのでおすすめです。

本日無料のプログラミング体験 or相談会の実施が可能です。(60分程度)

女性